スポンサードリンク



感性とは、 あらゆる事に感じる心

目、見ることで感じ取る。
耳、音や話を聞き感じ取る。
鼻、匂いで感じ取る。
舌、味わいで感じ取る。
手、触れることで感じ取る。
直感 インスピレーションで感じ取る。
気持ちを察する心

もしもそこに、相手がいるなら
それが、思いやりの心につながる。
相手を思いやる心があるから・・・
おもてなしができる。
日本人には豊かで鋭い感性がある。
だから、メイドインジャパンが世界に通用する。

短縮言葉も悪くない。
が、うすっぺらな言葉に人を動かす力はない。

だが、 言葉も万能ではない。
言葉で言い表せないこともある。
そんな時には、、、
言葉に添えて バラの花束を贈ろう!!


あなたへ、ひとつお願いがあります
ブログの応援、お願いします。
***********↓↓↓↓↓***********


生涯学習 ブログランキングへ



 

難しい言葉

奇跡


奇跡

(きせき)


聞かずとも分かる。

そんな言葉だろう。


分かっちゃーいる、のだが、、、

そうそう無い、そんな出来事に、

出会《でくわ》し、話さずにいられず

書いて見ました。



普通奇跡とは、言わないかも!?

簡単に使える言葉ではない。

が、しかし

わたしには、奇跡に思えた。



その話

(奇跡の子猫)


昨夜の事、何時ものように

夜勤に行く為、国道を走っていた。

片側1車線の狭い道。

家の軒先を、すり抜けて走る。



そんな時、突然

反対車線側から、茶色の子猫が

私の、前の車目掛けて走って行く。



危ない、ああ〜駄目だ。

一瞬、子猫が車に消えた。

頭の中に、色々な思いが駆け巡る。


いかん、、、俺まで、踏みつけてしまう。

そう思った次の瞬間だ。



前方の車の下から子猫が、走り出てくる。

ええええ〜うそ!

まさに奇跡、奇跡を見た。



信じられない。

走る車の下をくぐり抜け、潰さられる事なく生還。

まさに奇跡を目の当たりにした。

良かった、と胸を撫で下ろす。

仕事前に、嫌なものは見たくない。


しかし

あんな事もあるんだ。

多分、前方の車は気付いていない。



何故、、、??

前の車の、斜め後方から走って来た。

死角になる。

何の気無しで、運転していただろう。



しかし

それが、幸いした。

ブレーキを、踏んでいなかった。

驚いて、ブレーキを踏んでいたなら

今頃は、子猫はスルメ︎



良かった。

気分悪くなるどころか、気分が良い。

最高のショーを、見せてもらった感じだ。


偶然が重なり、奇跡を起こした。

普通では考えられない。

 走る車目掛けて、突っ込んで行く

自殺行為。

それが、前輪と後輪の間から出てくる。


それも、右から左に抜けるのでなく

車の下で方向転換。

また、来た方向へ引き返した。

本当に神業。



確かに、速度は、余り出ていない。

20キロ〜30キロ程度だ。

とわ言え、、、わたしには、本当に奇跡に思えた。



奇跡、言葉は人それぞれ取り方が違う。

わたし、意外の人ならそう取らないかもしれない。



凄いものを見た、珍しい。

その位かもしれない。



人には、人それぞれの、ものの見方

考え方がある。

自分なりの、物差しを持っている。

だから・・・言葉は、選ぶ必要がある。

自分では、この位と思う心が、人を傷つける事がある。



言葉はどれだけ選んでもイイ。

相手の事を考えた、言葉を使いたい。



奇跡・・・とは!?


常識では考えられない、

不思議な出来事、現象。

宗教で、神が起こす超自然的現象。



難しい言葉

勿体ない


勿体ない


(もったいない)


勿体ない。

誰でも、知っている。

今更、聞くまでない。



しかし

ある本で、面白い一説を見つけたので、

引用させて頂きます。

意外に知ってる、分かっているようで!?

私自身、ハットしたので取り上げてみました。


ここからは、抜粋したものです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


われわれが、ものを大切にしようと言うとき

倹約・節約をすすめているのだが・・・

経済的な意味に、とどまってはいない。

まなざしは、いのちにに注がれていて、

そのいのちは、無生物にまでおよんでいる。


北大路魯山人

(きたおおじろさんじん)は、

大根の皮、葉っぱ、しっぽまで使い切った。

何にかぎらずまだ使えるものは、みだりに捨てない。


捨てたら、もったいない、という気持ちは

私たちの暮らしのなかで、その先二筋に分かれる。

ものを生かす行為と、ものをため込む行為である。

生かされたものは、いのちの流れにもどり、

ため込んだものは、ゴミと化す。



ゴミとは動かなくなったもの、つまり死のことである。


箪笥(たんす)の奥に、しまいこんだ着物を

箪笥の肥やしと、呼んだのも

死を、積極的な意味あいで、表現したものだ。




引用元。

著者 パキラハウス 佐藤雄一。

発行者、武田雄二。


発行所 

株式会社武田ランダムハウスジャパン。

タイトル

「気持ちを伝える日本語 ことのは帖」。

第一刷発行 2011年8月24日。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ここまで・・



もったいない。

この気持ちは、本当に大切な心。

なのだが、ついつい勿体ないとため込んでしまう。

使う事も無い。

いつ使うかも、わからないのにしまい込む。



この繰り返しが・・・

空間、部屋の空間を無くしてしまう。

快適な空間を、無くしてしまう。

それでも、捨てきれない。


結局ものを生かす行為に、出来なければ、

ゴミ・・・ゴミと化す。

お金ならともかく、ほかの物をどうするか!?



整頓ではなく

整理できるかが、人生を大きく変える。


私はそんな気がします。




nani17.jpg



nani16.jpg


面白いな〜

幾らでも出てくる。




こら、コラーー

勿体ないことするなよ!

 

難しい言葉

分際


分際


(ぶんざい)


分際、結構、使われる言葉だ。

と、、、思うのだが???

今では、聞かないかもしれない。


昔は、よく耳にした。

テレビや映画の中では、今でも使われる。


子どもの分際で、ガキの分際で偉そうにするな!

そんな言葉・・・私は、ごくごく普通に聞いた。

まあ〜悪ガキだったのかも!?



しかし

若い人は、使わないかもしれない。

耳にもした事が、無いかも?

と言うより、聞いても、素通りかもしれない。

ある程度の年齢にならないと・・・

使えない、言葉でもあるだろう。


使うとすれば、年上から年下。

ベテランから新米、素人に向かって使う言葉。




お前、学生の分際で、そんな時計は贅沢だぞ!

何を考えている。

使われる、状況を考えるなら・・・

ブライドを傷つけられた場合が、殆どかもしれない。


まだ日が浅いのに、若いのに自分より出来る。

或いは、知っている事への、妬(ねた)み根性かも!?



しかし

この心は、注意の必要がある。

自分の成長を妨げる。

素直に受け止める事が、自分を大きくできるのだ。

俺が、私がの心では、その先は無い。


人間、自分より未熟なものに・・・

大きな口を、たたかれたくないのは心理だろう。

だが出来るなら、寛容でありたい。


(分際)・・・とは?


身のほど。

身分の程度。 分限。



多くは、、、

大した身分でも無いのに、と言うような、

軽蔑(けいべつ)の気持ちが、込められる。


ある程度の年齢、ベテランになってくれば〜

其れなりの、プライドと言うものがある。

それが有ってこそ、歳の甲ベテランと言えるだろう。

分際人に使うのは、良しとしない。


だが、心の隅に・・・

自分を、鼓舞(こぶ)する為に持つ事は、有りかも知れない。



1 2 3 4 5.. >>

言葉には不思議な力があります。
時には傷つけ、時には励まし救われる。
言葉は、どれだけ選んでも良い。
相手のことを考えた、言葉を使って下さいネ!!



mama1.jpg

あなたへ、ひとつお願いがあります
ブログの応援、お願いします。
******************↓↓↓*****************


生涯学習 ブログランキングへ




”最良の人生にする「言葉の力」”



”人の心を動かす「言葉の力」”




☆話をするのが怖い☆

だけどコミニュケーションが取りたい。
そんなあなたへ

↓ ↓ ↓


【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
話す不安を、取り除いてくれます。

行動が悩みを消し、継続が自信を付ける。
苦しい、、、だから、行動を起こす。





Powered by Seesaa