スポンサードリンク



感性とは、 あらゆる事に感じる心

目、見ることで感じ取る。
耳、音や話を聞き感じ取る。
鼻、匂いで感じ取る。
舌、味わいで感じ取る。
手、触れることで感じ取る。
直感 インスピレーションで感じ取る。
気持ちを察する心

もしもそこに、相手がいるなら
それが、思いやりの心につながる。
相手を思いやる心があるから・・・
おもてなしができる。
日本人には豊かで鋭い感性がある。
だから、メイドインジャパンが世界に通用する。

短縮言葉も悪くない。
が、うすっぺらな言葉に人を動かす力はない。

しかし 言葉も万能ではない。
言葉で言い表せないこともある。
そんな時には、、、
言葉に添えて バラの花束を贈ろう!!


あなたへ、ひとつお願いがあります
ブログの応援、お願いします。
***********↓↓↓↓↓***********


生涯学習 ブログランキングへ



 

綺麗な言葉

仮初め


仮初め


(かりそめ)


仮初めの人、と言えばーー

ふと知り合った、ゆきずりの人。


仮初めの恋、と言えば・・・

これは言わなくても、知っているでしょうネ。

行きずりの男女が、ふと心を惹(ひ)かれあった。

そんな、なんともはかない恋のことだ。



仮初め、、、

あなたも、聞いた事はあるでしょうネ。

なんとも繊細で、綺麗な響きはある。

だが、寂しい言葉だ。



しかし

若いころなら、憧れるかもしれません。

儚(はかな)い、恋だろうが・・・

ドラマ、小説の主人公には、よくある話。



仮初めでも良い。

あの人となら、なんてこともあるかも!?

恋に恋する頃なら、ある事かもしれない。

恋に焦がれる。

恋い焦がれる。


仮初」の字をあてるが、

「仮様」から、音が変化したとするのが、通説らしい。

仮の様、一時的な、間に合わせ。

本格的で無い、と見たのでしょうネ。



親爺〜俺さ・・・早百合さんと、結婚しようと思う。

おいおい、桃太郎、何を言っているんだ。

あの人には、婚約者が居るだろう。

何を考えている。


仮初めにも、言ってはいけない。

噂にでもなったら、相手が迷惑する。

お前まさか、略奪結婚でも考えているのか!?

そう言えば、、、映画を見ていたな、確か卒業だ。



バカなことを考えるな!

あれは映画・・・映画の世界だぜ!!

それに、あれは恋仲だった。


お前は、恋にも落ちたことない。

仮初めの恋でも、した事あるなら、

まだしも・・・図図しいやつだな、桃太郎。



へへへぇ〜そうかな〜

バカ野郎桃太郎、冗談か、ビックリさせるな!

まあ、そんな事は、ないでしょうがネ。



若いころなら、仮初めでもイイ!

と、考える事もあるかもしれません。



仮初め・・・とは?

永久でないこと。 

ほんの一時のさま。

また、実意なくおろそかなこと。


あるいは、

ちょっとしたさま、

ふとしたさまに使われます。




仮初めと聞くと、何とも寂しい感じが頭によぎる。

聞きなれた使い方が、そんな言葉だからでしょうネ!



しかし

昔は、そんな事も無かったようです。

この歌を聞けば、成る程と思う。

遠妻は 野辺のはつ草 かりそめ
  夢のうちにも 逢うぞうれしき


       
 藤原公実(ふじわらのきんざね)


遠く離れ離れになっている妻とは・・・

萌え出たばかりの、野辺の草を刈り始める。

その「かりそめ」の夢で逢えるだけでもうれしいことだ。


如何です。

この歌を聞くと、イメージが変わりませんか!?

仮初め、もっと明るい事にも、使ってみたいですネ。^^



綺麗な言葉

慎ましい


慎ましい


(つつましい)


最近聞かない言葉だ。

日本人が、裕福になったせいかも!?

昔は、よく使われる言葉でした。

時代の流れ、背景でしょうね。


慎ましい暮らし、無くなりつつあります。

まあ〜良いことでしょう。


しかし・・・

感謝の気持ちも、薄れてきている。


感謝することを忘れ、

何でも当り前、そこにあって当たり前なのだ。

無い物が無い位いだ、慎ましくできる訳がない。




だが、怖いような気がします。

人間は、楽な方には直ぐ慣れる。

が、、、逆は難しい。


困難に立った時、乗り切るパワーが出るだろうか?

慎ましい言うのは

その力をためる為の、良い方法かもしれない。



昔の人は、そんな自分をセーブが出来た。

慎ましいとは、芯の強さもあるのだろう。



それに、慎ましい

昔の女性に、身に付いた美のような気がします。

表に出さない心、奥に秘めたものそこに魅力を感じさせた。

奥ゆかしいとは、そんな慎ましい心。

その立ち振る舞いから来たものだろう。


しかし


残念ながら、最近地下鉄の中で見る光景には・・・

慎ましいと、言えないものがあります。


周りを気にせずする化粧、あれは情けない。

一事が万事、その人の全ての事が見えるようだ。

慎ましさなど何処へやら??



あなたに関係ないでしょう。

と言われればそれまで、だが止めて頂きたい。


わざわざ、

自分の品を落とすことは、しないで欲しい。

それに、彼氏もそんな姿を見れば幻滅する。

百年の恋も、冷めるのではないだろうか!?


(慎ましい)・・・とは?

地味で質素である。 

表立たないで控えめ。 思慮深い。


動詞「つつむ」が形容詞化したもの。


心を包んで表に出さない。

そんなところから来たのでしょう。

慎ましい、全てに必要とは言えない。


しかし

女性にとっては、異性を引き付ける武器になる。

包み隠した心、見えない魅力。

奥ゆかしい。

そこに、引き込む力があるような気がします。





綺麗な言葉

うすらい


うすらい


うすらい、如何でしょう。

あなたは、聞いた事ありますか?

あるある、そのぐらい知っている。


んんーー

なかなかのものですネ。

あなたは、詩人かも!?


勿論・・・

私は当然の如く知りませんでした。

きれいな表現、綺麗な言葉だ。



うすらい、たまには使ってみたい。

同じ事を言うのにも、響きが違う。

まさに詩人、繊細な感覚が無いと出て来ない。

耳に優しく聞こえます。


幼い頃を思えば、よく見ました。

学校へ行く途中、うすらいを見ることがあります。

道路の水たまり、ほんのわずかに薄く張った氷。

今にも、溶けてなくなりそうに、浮かんでいる。


足で踏もうとするだけでも・・・

とけて無くなりそうな氷、うすらい。



教室の外に置いてある。

バケツに張った薄い氷、うすらい。

あなたも、経験あることでしょうネ。


いち早く、、

季節の変わり目を、そっと教えてくれる。

薄氷、うすい氷というより、

なんとも耳に優しく響きませんか!?


次に見る時には、うすらいと言って見て下さい。


(うすらい)・・・とは?

冬の訪れを告げたり・・・

春まだ浅いことを、感じさせてくれる薄い氷。


薄ら氷は、本来は「春先の薄氷」のことで、

俳句でも、春の季語となっています。


(うすらひや わずかに咲ける せりの花)
                        
   宝井 其角(たからい きかく)


薄ら氷は、余りにももろく壊れやすい。

そのもろさや、はかなさは、

人の繊細な心に例えられて来た。


なんとも、優雅に響く言葉だ。


きれいな日本語が聞きたい

から一部引用しています。



1 2 3 4 5.. >>

言葉には不思議な力があります。
時には傷つけ、時には励まし救われる。
言葉は、どれだけ選んでも良い。
相手のことを考えた、言葉を使って下さいネ!!



mama1.jpg

あなたへ、ひとつお願いがあります
ブログの応援、お願いします。
******************↓↓↓*****************


生涯学習 ブログランキングへ




”最良の人生にする「言葉の力」”



”人の心を動かす「言葉の力」”




☆話をするのが怖い☆

だけどコミニュケーションが取りたい。
そんなあなたへ

↓ ↓ ↓


【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
話す不安を、取り除いてくれます。

行動が悩みを消し、継続が自信を付ける。
苦しい、、、だから、行動を起こす。





Powered by Seesaa