スポンサードリンク



感性とは、 あらゆる事に感じる心

目、見ることで感じ取る。
耳、音や話を聞き感じ取る。
鼻、匂いで感じ取る。
舌、味わいで感じ取る。
手、触れることで感じ取る。
直感 インスピレーションで感じ取る。
気持ちを察する心

もしもそこに、相手がいるなら
それが、思いやりの心につながる。
相手を思いやる心があるから・・・
おもてなしができる。
日本人には豊かで鋭い感性がある。
だから、メイドインジャパンが世界に通用する。

短縮言葉も悪くない。
が、うすっぺらな言葉に人を動かす力はない。

だが、 言葉も万能ではない。
言葉で言い表せないこともある。
そんな時には、、、
言葉に添えて バラの花束を贈ろう!!


あなたへ、ひとつお願いがあります
ブログの応援、お願いします。
***********↓↓↓↓↓***********


生涯学習 ブログランキングへ



 

日本語はやっぱり、超、超おもしろい! > 大和言葉 > この上なく

大和言葉

この上なく


この上なく



この上なく感動しました。

最近は、耳にすることも無くなった。


使われるとするなら、

最高に、最上にだったりするだろう。

それから、最近流行りの超や凄くなどがあります。


だが、余りにも使われすぎ

言葉の効力が、落ちているような気がします。



最高に、感動したよ!

最上の、おもてなしだったよ!

もの凄く、良かった。


超、感動したよ!



人それぞれ感じ方が違う。

その人にとっては、そうだったのかもしれない。

一概に言えることではない。


日本語の感性のすばらしさ、超おもしろいところだ。

表現する言葉が多彩だ。

ここが、よその国の人には超難しいところだろう。


どんな時に、どう使えばいいの???

そう思っても、ハッキリ言ってしょうがない事だ。

この地に生まれ育ったものでなければ、使いこなせない。


日本の言葉には、繊細な感性が必要なのだ。




しかし

よその国の人でも、数年暮らし

春夏秋冬、日本の文化を体験するなら

ある程度は分かるようになる。


四季を、肌で感じる事が出来れば、使いこなせるだろう。

何故なら、日本人の感性は四季が育んだものだからだ。




おおおお〜〜〜っといけない。

また、話がズレてきました。

申し訳ありません。


この上なくでした。

この言葉あまり使われないので、死語になりつつあります。

が、だから他の言葉より、異彩を放つ言葉なのです。



この上なく感動しました。

この上なく素晴らしかったよ!

この上なく嬉しい。


あなたがこの言葉を使うなら、相手が感動する。

最高や、最上、凄い、超よりも感動するだろう。

使われない言葉には、与えるインパクトが違う。


この上なくと言うのだから、上がないのだ。

こんな感動の言葉は、他にないだろう。



それにこの言葉には、柔らかな響きがある。

この上なくなのに、威張るようないやらしさがない。

ここが、大和言葉の素晴らしいところなのだろう。


この言葉の中に、他を思いやる心があるのだ。

何気なく発する言葉に、おもてなしの精神がある。


あなたも機会があれば、是非とも使ってください。


この上なく・・・とは?

最高の、最上の、これ以上ないことを意味する言葉です。





<<ごゆるり | 日本語はやっぱり、超、超おもしろい!トップへ | 夕映え>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
言葉には不思議な力があります。
時には傷つけ、時には励まし救われる。
言葉は、どれだけ選んでも良い。
相手のことを考えた、言葉を使って下さいネ!!



mama1.jpg

あなたへ、ひとつお願いがあります
ブログの応援、お願いします。
******************↓↓↓*****************


生涯学習 ブログランキングへ




”最良の人生にする「言葉の力」”



☆話をするのが怖い☆

だけどコミニュケーションが取りたい。
そんなあなたへ

↓ ↓ ↓


【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
話す不安を、取り除いてくれます。

行動が悩みを消し、継続が自信を付ける。
苦しい、、、だから、行動を起こす。





Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。