スポンサードリンク




感性とは、 あらゆる事に感じる心

目 見ることで感じ取る。
耳 音や話を聞き感じ取る。
鼻 匂いで感じ取る。
舌 味わいで感じ取る。
手 触れることで感じ取る。
直感 インスピレーションで感じ取る。
気持ちを察する心

もしもそこに、相手がいるなら
それが、思いやりの心につながる。

相手を思いやる心があるから・・・
おもてなしができる。


日本人には豊かで鋭い感性がある。
だから、 メイドインジャパンが世界に通用する。

短縮言葉も悪くない。
が、うすっぺらな言葉に人を動かす力はない。

しかし 言葉も万能ではない。
言葉で言い表せないこともある。

そんな時には、、、
言葉に添えて バラの花束を贈ろう!!




生涯学習 ブログランキングへ

あなたに一つ、お願いがあります。

ランキングの応援に
一肌脱いで頂けませんか!!


 

日本語は、やっぱりおもしろい > 大和言葉 > 夜の帷

大和言葉

夜の帷


夜の帷

(よるのとばり)


数ヶ月前のこと、

仕事で、山深く入った旅館に宿泊しました。

夜ともなると、外灯に該当する物もなく

あたりは静かで怖いくらいです。



夜の帷の中、 川のせせらぎの音と

どこからか聞こえる、鈴虫の鳴く声

なんとも言えない風情を感じました。



夜の帷とは、

夜になって 周囲を闇が取り囲むことを言います。


帷とは、

部屋や寝場所などを仕切るために、垂れ下げる布のことで

帳とも書きます。


夜の闇、暗い様子をあたかも垂れ布 カーテンが

おおい尽くすと表現しているのです。


この表現にも、先人の鋭い感性が見える。


夜の闇の中と表現すると 

どうしても暗いイメージが離れない。


しかし

夜の帷と表現すると、詩的な印象と

闇なのに、暖かさまで感じられてしまう。

暗いイメージを取り除いてくれる。


夜の帷

暗い闇が優しく包み込んでくれるのです。





<<荷が勝つ | 日本語は、やっぱりおもしろいトップへ | 骨休め>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

言葉には不思議な力があります。
時には傷つけ、時には励まし救われる。
言葉は、どれだけ選んでも良い。
相手のことを考えた、言葉を使いたい。




生涯学習 ブログランキングへ

あなたに一つ、お願いがあります
ブログランキングの応援をお願いします。





”最良の人生にする「言葉の力」”



”人の心を動かす「言葉の力」”




☆話をするのが怖い☆

だけどコミニュケーションが取りたい。
そんなあなたへ

↓ ↓ ↓


あがり症克服 西村順式あがり症克服

話す不安を、取り除いてくれます。

行動が悩みを消し、継続が自信を付ける。
苦しい、、、だから、行動を起こす。