スポンサードリンク




感性とは、 あらゆる事に感じる心

目 見ることで感じ取る。
耳 音や話を聞き感じ取る。
鼻 匂いで感じ取る。
舌 味わいで感じ取る。
手 触れることで感じ取る。
直感 インスピレーションで感じ取る。
気持ちを察する心

もしもそこに、相手がいるなら
それが、思いやりの心につながる。

相手を思いやる心があるから・・・
おもてなしができる。


日本人には豊かで鋭い感性がある。
だから、 メイドインジャパンが世界に通用する。

短縮言葉も悪くない。
が、うすっぺらな言葉に人を動かす力はない。

しかし 言葉も万能ではない。
言葉で言い表せないこともある。

そんな時には、、、
言葉に添えて バラの花束を贈ろう!!




生涯学習 ブログランキングへ

あなたに一つ、お願いがあります。

ランキングの応援に
一肌脱いで頂けませんか!!


 

日本語は、やっぱりおもしろい > 大和言葉 > お力添え

大和言葉

お力添え


お力添え

(おちからぞえ)


上司や先輩の力を借りたい。

手助けがほしい。


自分の力だけでは、物事が進まない。

と言うことは、これから先に何度かあることでしょう。


そんな時、友達なら

助けてくれよ!

で、済むかもしれない。


だが、、、

先輩や目上の人に助力を願うときは・・・

「ご協力をお願いします」 「ご支援をお願いします」

などが一般的だろう。



しかし

せっかくお願いするなら 助力の確立を少しでもあげたい。

となれば、相手の心をくすぐるような言葉を使いたい。


それには、 上司や先輩の力量を認めてお願いします

と言う気持ちを伝えるほうが、助力をうまく勝ち取れる。


そんな言葉が、お力添えだ。

お力添えいただけますか」 「どうかお力添えください

言われた相手も、自分の力量を認めていることがわかる。


良い気持ちはしても、悪い気はしない。

仕方がないな〜

後輩のために、一肌脱ぐか〜〜と、なるかもしれない。


<<目頭が熱くなる | 日本語は、やっぱりおもしろいトップへ | 荷が勝つ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

言葉には不思議な力があります。
時には傷つけ、時には励まし救われる。
言葉は、どれだけ選んでも良い。
相手のことを考えた、言葉を使いたい。




生涯学習 ブログランキングへ

あなたに一つ、お願いがあります
ブログランキングの応援をお願いします。





”最良の人生にする「言葉の力」”



”人の心を動かす「言葉の力」”




☆話をするのが怖い☆

だけどコミニュケーションが取りたい。
そんなあなたへ

↓ ↓ ↓


あがり症克服 西村順式あがり症克服

話す不安を、取り除いてくれます。

行動が悩みを消し、継続が自信を付ける。
苦しい、、、だから、行動を起こす。