スポンサードリンク




感性とは、 あらゆる事に感じる心

目 見ることで感じ取る。
耳 音や話を聞き感じ取る。
鼻 匂いで感じ取る。
舌 味わいで感じ取る。
手 触れることで感じ取る。
直感 インスピレーションで感じ取る。
気持ちを察する心

もしもそこに、相手がいるなら
それが、思いやりの心につながる。

相手を思いやる心があるから・・・
おもてなしができる。


日本人には豊かで鋭い感性がある。
だから、 メイドインジャパンが世界に通用する。

短縮言葉も悪くない。
が、うすっぺらな言葉に人を動かす力はない。

しかし 言葉も万能ではない。
言葉で言い表せないこともある。

そんな時には、、、
言葉に添えて バラの花束を贈ろう!!




生涯学習 ブログランキングへ

あなたに一つ、お願いがあります。

ランキングの応援に
一肌脱いで頂けませんか!!


 

日本語は、やっぱりおもしろい > おもしろい言葉 > 尻に火がつく

おもしろい言葉

尻に火がつく


尻に火がつく


(しりにひがつく)


なんとも、おもしろい表現だ。

尻に火がつく。

あなたも、言われた事が、あるでしょう。


子供のころなら、尚更、よく言われる。



桃太郎、もうすぐ、期末テストだろう。

何を、のんびり構えているんだ。

勉強しなくても、いいのか?

尻に火がついてからでは、遅いぞ!




私も、いつも言われる、言葉でした。

何をやるにも・・・

尻に火がつかないと、始められない



情けない話。

だが、大人になった今でも・・・

尻に火がつかなければ本気に、なれない。



性格と言うのか・・・自分を、律する事が出来ない。


しかし


一概に、悪いとは言えない。

切羽詰まらないと、いい考えが浮かばない。

と、言うのもあります。


尻に火がついて、始める方が良い場合もある。

時間に、余裕があるからと言って、

よいアイデアは、浮かばない。



可笑しなものですね!

尻に火がつく。

何故、こんな言葉が、こんな意味になるのか?

面白いですよネ!



確かに考えて見ると、座ってゆっくりくつろぐ。

お尻を据えて、デーンと落ち着いている様子だ。

そんなお尻に火がつけば、座って居られなくなる。


即、動かなければならない。

じっとしては、いられない。

なんとも、ユーモアのある表現。



しかし

尻に火がついてからでは間に合わないこともあります。


どうしようもない時も、ある。

が、出来るならゆとりを持って、何事にも当たりたい。



≪お尻に火がつく≫・・・とは?

期限や、事態が差し迫って来て、

あわて、ふためくさまを言う。



何をやるにも、尻に火がつく前にやる。


難しいことだろう。

が、、、

そうなってから、悩み苦しむよりましだ。

今やれるなら、直ぐに、始める事でしょう。


明日やろう、明日野郎は、バカ野郎とも言いますからネ。^^



<<只より高いものはない | 日本語は、やっぱりおもしろいトップへ | 尻拭いをする>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
言葉には不思議な力があります。
時には傷つけ、時には励まし救われる。
言葉は、どれだけ選んでも良い。
相手のことを考えた、言葉を使いたい。




生涯学習 ブログランキングへ

あなたに一つ、お願いがあります
ブログランキングの応援をお願いします。





”最良の人生にする「言葉の力」”



”人の心を動かす「言葉の力」”




☆話をするのが怖い☆

だけどコミニュケーションが取りたい。
そんなあなたへ

↓ ↓ ↓


あがり症克服 西村順式あがり症克服

話す不安を、取り除いてくれます。

行動が悩みを消し、継続が自信を付ける。
苦しい、、、だから、行動を起こす。